海外に行く前に、クレジットカードのキャッシング枠を確認しておきましょう。
クレジットカードは買い物をするものですが、海外ではキャッシング枠があると便利だからです。
海外に行くときは、現地の通貨が必要になりますよね。
そのため日本円を現地通貨に両替しなければなりません。
現金をたくさん持っていかなければなりませんし、両替所に並んで両替手数料をかけなければなりません。

しかしクレジットカードでのキャッシングは、現地通貨を借りることができます。
日本と同じようにATMを使うことにより、現地通貨で現金を手にすることができるのです。

キャッシングをするなら消費者金融のカードを持っていても良いのでは?と思うかもしれません。
ところが消費者金融と契約をしても、海外ATMではキャッシングできないのです。
海外でキャッシングができるのは、VISAとかマスターカードといった国際ブランドが付帯しているから。
消費者金融のカードにはありませんから、海外利用はできないというわけですね。

クレジットカードにキャッシング枠がついていないようであれば、クレジットカード会社に依頼をして付けてもらうと良いでしょう。
少ない枠であっても、ゼロよりはマシです。

海外へはクレジットカードを何枚か持っていく方が良いです。
クレジットカードは数枚持っているから大丈夫!と思う前に、国際ブランドを確認しておきましょう。
もし3枚持っているクレジットカードの国際ブランドがすべて同じなら、追加でクレジットカードを発行することをおすすめします。
なぜかというと海外へは、国際ブランドが異なるクレジットカードを持って行った方が良いためです。

クレジットカードの加盟店は、すべての国際ブランドが使えるとは限りません。
VISAしか使えないお店なのに、JCBのクレジットカードしか持っていない場合、クレジットカード決済ができないことになりますね。
JCB以外にもVISAを持っていれば、クレジットカードが使えたのに・・・となってしまいます。
異なるブランドのクレジットカードがあると、どのような加盟店にも対応しやすくなるのです。

海外でおすすめとなるのは、VISAのクレジットカードでしょう。
加盟店数が多いので、使える可能性が高いためです。
もし持っていなければ、海外に行く前に1枚発行しておいてください。
2枚目、3枚目は好きなブランドでかまわないと思います。
日本人ならサポートが強力なJCBが良いかもしれません。

海外渡航時に忘れてはいけないのが、クレジットカードです。
海外に行く前に、やっておきたいことをまとめました。

海外利用時の支払方法を確認しておきましょう。
クレジットカードは支払方法を選ぶことができます。
一括払いや分割払いがありますよね。
しかしこれは国内利用時での話になります。
海外でクレジットカードを使うと、支払い方法が選べないケースがほとんどなのです。
海外のお店で「分割払いで」と指定しても、無駄ということになりますね。

ほとんどのクレジットカードでは、海外利用分は一括払いかリボ払いとなっているようです。
海外に行く前に、自分のクレジットカードはどうなっているか確認しておきましょう。
一括払いだと思ってたら、知らないうちにリボで請求されていたというケースもあります。
リボ払いはたくさんの支払い手数料を支払わなければならないことがあります。
もしリボ払いになってたら、追加払いなどをして早く支払うようにしておきましょう。
またリボだから余裕で支払いできると思ってたら、、すべて一括払いだったというケースもあります。
引落口座の残高に余裕があればいいですが、思ったより請求額が多くてお金が足りないなんてことになっては大変ですよ。

海外に行く前に、クレジットカードを何枚持っているか確認をしておきましょう。
もし1枚しか持っていないのであれば、確実に足りません。
あと2枚くらいは発行しておきたいものです。

クレジットカードなんて1枚で良いような気がしますが、海外へは複数枚持っていくのがおすすめです。
海外では利用金額が高くなることが考えられます。
そのため利用限度額がいっぱいになる可能性が高くなります。
利用限度額が上限になってしまうとクレジットカードは使えなくなってしまいます。

またクレジットカードを紛失してしまうこともあります。
落としたり置き忘れてしまったら、海外ではまず出てこないと思った方が良いでしょう。
さらに海外は治安が悪く、盗難に遭ってしまうこともあります。

そのような事態が起こったときにクレジットカードが1枚しかないと、ショッピングもキャッシングもできなくなってしまいます。
海外ではクレジットカードが身分証明書の代わりになるので、ホテルやレンタカーなどが利用できなくなる可能性も出てきます。
しかしもう1枚、2枚と予備で持っていれば、それで乗り切ることができますよね。
だから海外へは2,3枚クレジットカードを持って行った方が良いのです。

海外に行く前に、クレジットカードの海外旅行損害補償保険について確認しておきましょう。
そんなもの付いてないよ!というなら、付帯するクレジットカードの発行を考えてください。

そして海外旅行保険は、疾病治療費、傷害治療費が付帯するクレジットカードを選びましょう。
死亡や後遺障害だけしか付いていないのは、あまり意味がありません。
それは海外では、治療費が高額になりがちだからです。
治療費は実費となってしまいますので、すぐに数万円単位の請求になってしまうのです。
ちょっとした手術なんてしたら、何百万となってしまうでしょう。

クレジットカードの海外旅行保険は、そのような治療費を補償してくれます。
負担が少なくなりますから、ありがたいですよね。
海外はお金がかかるから病院に行かないとはなりません。
海外旅行保険はツアー申込時などにも加入はするのですが、クレジットカードで補償がされればより安心できます。

海外旅行保険には利用付帯と自動付帯があります。
おすすめなのは自動付帯。
クレジットカードの会員になるだけで、特に手続きなどもせずに補償の対象となります。
利用付帯は旅行にかかる代金をクレジットカードで支払わなければ補償がされませんので、気を付けてください。

1件のコメント

海外に行く前に、クレジットカードの利用限度額を確認しておきましょう。
海外では現金よりクレジットカードを主に使うことになります。
ショッピングだけでなく、キャッシングにも使うと、利用金額が高くなってしまいます。
利用限度額に余裕がないと、すぐに使えなくなってしまうのです。

利用限度額が足りないときは、一時的に枠を引き上げることができます。
クレジットカード会社に依頼をしてみましょう。
会員専用のサイトや、デスクに電話をすることで増枠依頼ができます。
審査がありますがクレジットカード会社に信用が付いていれば、引き上げてくれると思われます。
特に海外利用時は、どのクレジットカードも増枠がされやすいと言われています。
クレジット枠だけでなく、キャッシング枠も依頼をすれば増額してくれることがあります。
海外に行くなら、どちらもお願いしてみましょう。

そしてクレジットカードを複数枚持つことで、利用限度額を上げることができます。
利用限度額が50万円のクレジットカードでも、2枚あれば100万円まで使えることになりますよね。
フリーターや主婦で大きな利用限度額をもらえないというときは、複数枚数で利用限度額を上げるのがおすすめです。